離散数理研究室

福知山公立大学情報学部では1年次より研究室配属が行われる.1・2年次では問題解決を主とした実践的な研究に取り組み,3・4年次には理論を含めた演繹的な研究を目指す.離散数理研究室では次の3つのテーマに分かれて研究が進められている.

最適化 [OR]  セルオートマトン [CA]  Max-Plus代数 [MP]

 

ここでは,研究室のメンバーを記す.

[OR] 安達駿太 蛭川大嵩 本永幸嗣郎

[CA] 山下敬太

[MP] 芦田修 大藤龍門 川下紗嬉

2021年度

[OR] 田村勇人 林誠人 牧将太  

[CA] 兒島茜 杉浦圭祐  

[MP] 木村太郎 中根大貴 濱弓場誠大

2020年度